日経金融新聞にて、2002年6月より2003年2月まで連載

No.28 成功も失敗も生身の人なればこそ (最終回)2003/02/12
No.27 日本人マネジャー育成急務2003/02/05
No.26 欧米規制当局が注目する3要素2003/01/29
No.25 淘汰を警告する5つのサイン
2003/01/22
No.24 進む情報開示、「戦略の透明度」に注目2003/01/15
No.23 マネジャーへの質問票も「精査」
2003/01/18
No.22 契約前、マネジャーと互いを「精査」
2002/12/25
No.21 機関投資家、「司令塔」に徹すべき
2002/12/18
No.20 日本人投資家、初歩段階は卒業2002/12/11
No.19 「債券型」に2つの共通点)2002/12/04
No.18 CTAにリスク分散効果の期待2002/11/27
No.17 これからが旬の「株主行動主義」2002/11/20
No.16 転換社債裁定戦略は転機に2002/11/13
No.15 「企業資本裁定」に潜むリスク2002/11/06
No.14 「M&A株式裁定」逆風下で試される自制
2002/10/30
No.13信じるべきは数値モデルよりヒト
2002/10/23
No.12 「市場中立型」にも「方向性」の要素2002/10/16
No.11「市場中立」と「リスク中立」は違う2002/10/09
No.10「円キャリー」狙いとは限らず2002/10/02
No.9 グローバルマクロに国境は無関係2002/09/02
No.8 空売りリスク管理、より厳正に 2002/08/26
No.7原点は株式のロング・ショート2002/08/19
No.6 米国で盛衰繰り返す2002/08/05
No.5 ベンチマークの信頼性に問題2002/07/29
No.4 リスクより高いリターン追求2002/07/22
No.3 成功に必要なのは「常識」2002/07/08
No.2 絶対的リターンを追及
2002/07/01
No.1 「危機の黒幕」論は正しいのか2002/06/24