コーポレート・ガバナンスとは、企業の持続的価値を創造する思考基盤であり、単なる形式的な「統治」や「遵守」ではありません。

We define corporate governance as “principles which provide the essential foundations for the creation of sustainable corporate value."

コーポレート・ガバナンスの【3つのD】の大原則となる、Diversity(多様性)、 Dialogue(対話力)、Duty(任務感)の診断サービスおよびアドバイザリーを提供いたします。

We provide advisory services in accordance to the essential “3 D’s” of corporate governance; Diversity, Dialogue, and Duty.

20世紀型モデルの効率的生産性に加え、21世紀において企業が価値創造を持続するためには多様性を取り組むという意識改革が、現場でも、取締役会でも不可欠です。

In order to continue to thrive in the 21st century, it is imperative for corporations to embrace diversity not only in the rank-and-file, but also inside the boardroom.

グローバル社会において企業が競争力を高めるためには、社会、消費者、取引先、役職員、株主など、ステークホルダーとの相互的対話の強増が極めて重要な経営課題です。コーポレート・コミュニケーション とは一方的な主張を発信「広報」ではなく、また、コーポレート・ガバナンスとは一方的に 「もの申す」株主への対応ではありません。

Corporate communications is not a public relations monologue, and neither is corporate governance about answering to a monologue of an activist shareholder. It is, however, essential for top executives o corporatoins to engage in active dialogue with their stakeholders in order to increase global competitiveness in the 21st century.

渋沢栄一の「論語と算盤」において示唆されているように、企業内の一員の任務を果たすことに留まらず、社会の持続性の当事者という「当たり前のことを当たり前に行う」意識の改革を促すことが重要です。
 
Doing the right thing. This has been the essence of forming a sustainable value-building relations throughout the history of mankind. Responsible “ownership” is not limited to within corporate walls, but should extend to the global society that we depend on for our well-being.